WordPressのお引っ越し

WordPressでサーバー間の移動が発生するとき、phpMyAdminからSQLファイルをエクスポートすることが多いと思います。
SQLファイルのサイズが大き過ぎる場合、phpMyAdminでのエクスポートやインポートを行えない場合があります。
その際にはsshでエクスポートをするのですが、sshでエクスポートしても容量が大き過ぎる場合は圧縮しないとタイムアウトしてしまいます。

 

 

sshでSQLをエクスポートする手順

 

・sshでサーバーにログイン

ssh -i 鍵ファイルのパス ユーザー名@ホスト

 

・サーバー上で保存したい場所を指定して、gz形式などにしてエクスポート

mysqldump -uユーザ名(*データベースのユーザー名) -pパスワード(*データベースのパスワード) データベース名 > 保存したい場所/ファイル名

 

 

sshでSQLをインポート

 

・先にサーバーにSQLファイルをアップロードしておく

・sshでサーバーにログイン

・MySQLにログイン

mysql -uユーザー名 -p

 

・パスワードを入力

・データベースに移動

use データベース名

 

・SQLを置いたディレクトリ/ファイル名を入力して実行
SQLファイルがインポートされます。

source /パス/ファイル名

 

 

 

おまけ

他の会社からサイトの制作を引き継いだ場合、ユーザーをつくってもらえても何故か管理者権限にされていないという不親切な対応を取られることがあります。
その場合には以下の手順でphpMyAdminから権限の変更を行えます。

 

・wp_usermetaから該当のuser名、IDを確認
・該当のIDのwp_capabilitiesを他の管理者権限の「wp_capabilitie」の記述をコピペして書き換える。